複雑なトレードオフを管理する

複雑なトレードオフを管理する

複雑なトレードオフを管理するには、換気、エネルギー消費、環境影響、健康、安全、快適性など、さまざまな要因について包括的な理解が必要です。この分野で行われる各決定は、最適な結果を得るために複数の競合する利益を考慮する必要があります。以下はそのアプローチです。 ホリスティックなアプローチ: エネルギーコストなどの1つの側面にだけ焦点を当てるのではなく、建物のパフォーマンスを包括的に考えます。さまざまな要因の相互依存関係を考慮し、1つの分野での変更が他の分野にどのように影響するかを理解します。 リスク評価: 各決定に関連する潜在的なリスクと結果を評価します。たとえば、エネルギーを節約するために換気率を低下させることは、室内空気の質が悪化し、居住者の健康問題を引き起こす可能性があります。これらのリスクを理解し、軽減することが重要です。 ステークホルダーの参加: 決定プロセスに、建物の居住者、設計者、エンジニア、健康専門家、政策立案者など、関連するステークホルダーを巻き込みます。各ステークホルダーは異なる優先事項や視点を持っている可能性があるため、これらを考慮する必要があります。 データに基づく決定: 信頼性のあるデータとエビデンスに基づいて決定を行います。さまざまなオプションの影響を理解するために、徹底的な調査と分析を行います。これには、エネルギー消費量、室内空気の質、居住者の快適性など、関連するメトリクスのデータ収集が含まれます。 パフォーマンス基準: エネルギー効率と室内環境品質の両方を優先するパフォーマンス基準とガイドラインを確立します。これにより、換気、熱的快適性、安全に関する最低要件を満たすことが保証されます。 柔軟な設計: 柔軟性を考慮して建物を設計し、時間とともに変化するニーズと状況に適応します。居住者の数、室外空気の質、その他の要因に基づいて調整可能な換気システムや制御を組み込みます。 持続的な監視と最適化: 建物のパフォーマンスを継続的に監視し、最適化するシステムを実装します。これにより、室内空気品質を維持しながら換気率とエネルギー消費量をバランスよく保つためのリアルタイムの調整が可能になります。 教育と意識向上: 換気と室内空気品質の重要性について、建物の所有者、運営者、居住者に意識を高めます。より健康で持続可能な建物環境をサポートする行動変革やベストプラクティスを奨励します。 これらの戦略と原則を考慮することで、建物の設計と運用に関連する複雑なトレードオフを管理し、最終的にはエネルギー効率と室内環境品質の両方を優先した結果を得ることができます。...

室内空気質(IAQ)ハウスツアーで

室内空気質(IAQ)ハウスツアーで

室内空気質(IAQ)ハウスツアーで、家の中の空気を守るための最も重要な方法をいくつかご紹介します。部屋ごとに、主な汚染物質とその対処方法について学びます。 リビングルーム: 一般的な汚染物質は、ダニ、ペットのフケ、家具や洗剤から発生する揮発性有機化合物(VOC)です。解決策としては、定期的な掃除機掛け、寝具に防ダニカバーを使用すること、天然の洗剤を使用することなどが考えられます。 キッチン: 調理中に油、煙、湿気が発生します。IAQハウスでは、調理中に換気扇を使用し、湿度を適切なレベルに保ってカビの発生を防ぐことを推奨しています。 寝室: 私たちはここで多くの時間を過ごし、ダニやアレルゲンを吸い込みます。ツアーでは、寝具を熱いお湯で洗うこと、防ダニカバーを使用すること、換気を良くすることを推奨しています。 浴室: 湿度の高い環境では、カビや白カビが発生しやすいです。IAQハウスでは、換気扇を設置したり、シャワー後に窓を開けたりして、浴室の換気を改善する方法を紹介しています。 地下室: このエリアは湿気、ラドンガス(健康被害を引き起こす)、土壌からの汚染物質を閉じ込める可能性があります。ツアーでは、適切な換気を確保し、ラドンガスが居住空間に侵入するのを防ぐためにひび割れを塞ぐことを推奨しています。ラドン検査も推奨される場合があります。 これはほんの一例です。IAQハウスでは、各部屋についてさらに多くのヒントが用意されている可能性があり、各エリアで一般的に見られる汚染物質の種類に基づいて具体的な推奨事項が提供されます。...

RESET標準

RESET標準

RESET標準は、建築環境内の連続モニタリングセンサーにおいて重要な進歩を表しています。以下は、RESETがどのように機能し、その基準、データ基準の概念、および他の建築基準との違いについての分析です。 RESETの仕組み: RESETはデータ駆動型で性能ベースの標準であり、長期の連続モニタリングデータが、認定された多パラメータデバイスを使用してクラウドにストリーミングされることが求められます。 データの標準化は理解を向上させ、建築環境の運用とメンテナンスをより良くするための手助けをします。 基準: RESET標準はモジュール化されており、プロジェクトチームは優先事項に基づいて時間をかけて個々のモジュールを実装できます。プロジェクトは、すべてのモジュールを完了する必要はありませんが、認定できます。 体現基準: RESET体現は、空間や建築物のライフサイクル全体にわたる使用される材料に関連するデータの透明性と説明責任に焦点を当てます。 運用基準: RESETエアー:室内空気の品質とそれが健康、生産性、持続可能性に与える影響に焦点を当てます。 RESETウォーター:水の節約に関する認識を高め、水の使用効率と品質を向上させます。 RESETエネルギー:建築環境の炭素運用コストを強調し、フィードバックループを改善することを目指します。 RESETウェイスト:廃棄物の発生と消費のライフサイクルを自動的に追跡し理解します。 データ基準: 建築環境のためのデータ基準は、データ構造、データ品質に関する規則や要件を定義します。 設計基準とは異なり、データ基準はモニタリングとデータ収集の基本に焦点を当てます。 RESET標準は、データの品質、連続的なモニタリング、およびベンチマーキングのための構造を作成するデータ基準として機能します。 他の建築基準との違い: RESETはデータ基準であり、設計基準ではありません。特定の解決策を提供するのではなく、高品質で実行可能なデータの収集に重点を置いています。 信頼できる関連性のあるデータを確保するために、データ収集仕様、モニターの展開、設置要件、およびデータ報告とプラットフォーム要件に重点を置いています。 全体的に、RESET標準は建物の運用の理解を向上させ、より健康で持続可能な環境を促進し、連続的なモニタリングの信頼性と利用を世界的に向上させることを目指しています。...

ASHRAE 標準 241 とは?

ASHRAE 標準 241 とは?

ASHRAE 標準 241 とは? ASHRAE 標準 241「感染性エアロゾルの制御」は、建物内における空気感染する病気の拡散を最小限に抑えるために策定された新しい基準です。最新の研究と専門知識に基づいて、空気システムの設計、設置、運用、保守など、さまざまな側面に関する要件を規定しています。 簡単に言えば、標準 241 は以下のことです: 商業および住宅の建物における空気感染する病気の伝播リスクを減らすために、最低限の清浄空気量を必要とします。 インフルエンザシーズンなど、感染リスクが高い時期には、建物に感染性エアロゾルの拡散を制御するための追加措置を講じることを要求します。 屋内空気の質を向上させるために、ろ過および空気清浄技術の使用を推奨しています。 前提条件: 標準 241 を適用する前に、建物は ASHRAE 62.1 で規定された換気および室内空気質 (IAQ) の要件を満たす必要があります。 ASHRAE 標準 241...

屋内空気質(IAQ)

屋内空気質(IAQ)

はじめに 人は時間の 90% 以上を屋内で過ごすため、IAQ 管理は非常に重要です。 良好な IAQ は、居住者の健康、幸福、生産性に影響を与えます。 COVID-19 パンデミックにより、建物の換気および空気清浄システムへの関心が高まっています。 基準 非職業レベルでの IAQ 基準の測定と設定は、比較的新しい分野です。 このガイドは、実践的な経験に基づいており、IAQ 基準の設定において野心的なアプローチを取っています。 目的: IAQ データの解釈を支援し、建物の健康と幸福を積極的に促進すること。 測定技術 技術の進歩により、低コストのデバイスを使用して、多くの屋内空気汚染物質を測定できるようになりました。 例: CO2、TVOC、PM2.5 センサー。 用途に合った技術を選択し、データの信頼性を確保することが重要です。...

建築設計におけるシミュレーションの重要性

建築設計におけるシミュレーションの重要性

建築設計におけるシミュレーションの利用は、近年ますます普及しており、建物の創造と建設のプロセスにおいて重要な役割を果たしています。以下、その主な理由を説明します。 設計効率の向上 シミュレーションは、実際の施工前に設計ソリューションの有効性を評価するのに役立ちます。例えば、照明、換気、エネルギー、音響などのシミュレーションは、建築家が設計を最適化し、最大限の効率を実現するのに役立ちます。 シミュレーションは、設計における潜在的な問題を検出して解決するのに役立ち、建設中のコストのかかる間違いを避けることができます。 シミュレーションは、設計と建設の過程で時間とコストを節約するのに役立ちます。 コミュニケーションの向上 シミュレーションは、建築家が設計のアイデアをクライアント、請負業者、その他の関係者に効果的に伝えるのに役立ちます。 シミュレーションは、誰もが設計を理解し、フィードバックを提供できるように、視覚的な表現を作成するのに役立ちます。 イノベーションの促進 シミュレーションは、物理的なモデルを構築することなく、新しい設計ソリューションを試すのに役立ちます。 シミュレーションは、建築家が創造的なアイデアを探求し、建物にとって最適な解決策を見つけるのに役立ちます。 持続可能性の向上 シミュレーションは、建築家がエネルギー効率が高く、環境に優しい建物を設計するのに役立ちます。 シミュレーションは、建物が周囲環境に与える影響を評価し、負の影響を最小限に抑えるための解決策を開発するのに役立ちます。 結論 建築設計におけるシミュレーションの利用は、建築家、クライアント、関係者にとって多くの利点をもたらします。シミュレーションは、設計効率の向上、コミュニケーションの改善、イノベーションの促進、建物の持続可能性の向上に役立ちます。...